クレジットカード現金化のやり方

クレジットカード現金化のやり方

HOME » クレカ現金化 » クレジットカード現金化のやり方

クレジットカードのショッピング枠現金化は2000年頃から見かけることが多くなったサービスです。
しかし、現金化業者が増え始める前から、自分でショッピング枠を現金化している人は沢山いました。
基本的には、クレジットカード決済で購入した換金率の高い商品を質屋等に買い取ってもらうという方法で、現金を作ります。
貴金属、ブランド品、家電製品が一般的で、これらの商品では換金率が60%〜70%程度です。

換金率の高い商品として、現在人気となっているのは新幹線の回数券。
金券類は換金率が高いものの、あまりおすすめできる商品ではありません。
金券はカード会社から現金化を疑われやすい商品でもあり、カード利用停止のリスクは高くなります。

クレジットカード現金化では、カード会社が提供しているポイントサービスによってポイントが貯まるという点は魅力の1つです。
クレジットカードにはキャッシング枠も存在していますが、キャッシングではポイントが付与されません。
しかし、ショッピング枠を利用することによってポイントが付与されるため、ポイントアップデーなどを狙ってクレジットカード現金化を行うことがおすすめです。
大きな金額を現金化する場合、ポイントも貯まることで換金率が多少変動する可能性もあるでしょう。

クレジットカード現金化のやり方は、商品の購入、転売と非常にシンプルな方法です。
クレジットカード現金化業者への手数料がかからない点を加味すると、自分で行う方が換金率は高くなる可能性があります。
しかし、商品の換金率をリサーチし、購入から転売までに掛かる時間、リスクを考えると、クレジットカード現金化業者を利用した方が良いでしょう。
特にリスクの高さは、自分で行った場合と業者を通した場合では異なります。
自分で行う場合との大きな違いは、現金化業者では現金化が疑われにくい商品を指定商品としていること。
カードの利用停止にならないよう、クレジットカード現金化業者を利用することがおすすめです。